Categories
BLOG コーチングといううつわ

コーチングでは“落としどころ”を用意しない?

コーチが“落としどころ”を用意しないことは、コーチングの特徴のひとつです。

「え?“落としどころ”なしで大丈夫なの?」ということを、少し考えてみました。

コーチは“落としどころ”を用意しない

先日、とあるコーチング本を読んでいたら、こんな記述がありました。

LESSON 06 コーチングの達人に向けて
SKILL51 “落としどころ”を用意しない

 コンサルタントとカウンセラーとコーチの違いについてきかれることがよくあります。
 コンサルタントは“行動を提案する”ことが特徴のひとつでしょう。カウンセラーは“ある心理状態を引き起こしている理由をクライアントから引き出す”のが特徴といえるでしょう。
 コンサルタントもカウンセラーも“相手をこういうところへ導きたい”という落としどころはちゃんと持っているのではないでしょうか。


 それに対して、最後の最後まで「で、あなたはどうするの?」ときき続ける、まったくなんの落としどころもなくクライアントに立ち向かっていくのはコーチの最大の特徴といえるでしょう。

鈴木義幸「新コーチングを人に活かす」(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2020年)

コンサルタントやカウンセラーとコーチの違い、たしかによくきかれることです。
私自身も、コーチングを受けてくださる方にはガイダンスで必ず説明するようにしています。

いつもはこんな感じの表を使って説明しています。

この落としどころの有無というのは、シンプルで的を得た、すごくわかりやすいポイントだと思います。

最近、優秀なコンサルタントの方たちとお仕事させていただく機会があったのですが、彼らは常に自らの仮説を構築し、検証しながら、コミュニケーションを取るように訓練されています。
その姿勢は、コーチングとは別物だけど、プロフェッショナルとしてかっこいいなと憧れます。

クライアントも“落としどころ”を用意しない?

では、コーチングのクライアントはどうなのでしょう?

コーチングは、コーチとクライアントのふたりでつくるものです。
コーチが“落としどころ”を用意していないのならば、クライアントが用意しておかなくてはならないのでしょうか。

答えはNOです。

クライアントも“落としどころ”は用意しません。

たしかに、テーマやゴール(そのセッションで手に入れたいものや状態)はクライアントが用意します。
そのゴールに向かって「で、あなたはどうするの?」ときかれつづけることで、
クライアント自身が予想もしていなかった答えが出てくるのがコーチングです。

クライアントはテーマやゴールは用意するけれど、“落としどころ”は用意しないんですね。

“落としどころ”はなくても、“至るところ”はある

コーチングでは、コーチもクライアントも“落としどころ”を用意していません。

セッションはただのおしゃべりではありません。
価値ある対話の時間です。
そして、時間は限られています。

“落としどころ”を用意していなくても大丈夫なのでしょうか?

はい、大丈夫です。

なぜなら、“落としどころ”を用意しなくても、“至るところ”はあるんです。

コーチングセッションの終盤では、必ずそのセッションのふりかえりをします。

コーチはクライアントに問いかけます。

気づいたこと。
手に入れたこと。
変化したこと。
この時間でどこまで進んだのか。

セッションで至った現在地を確認し、さらにそのさきに向かって問いかけます。

「で、あなたはどうするの?」

コーチングには“落としどころ”はありません。
話すことで至った、“今”があります。
それは、そのさきにずっと続いていく学びと成長のプロセスの一部なのです。

みみをすますラボでは
あなたと わたしが みみをすまし
ふれあい、うつしあい、ひびきあう、
そんなコーチングを提供しています。

あなた自身に、あなたの世界に、一緒にみみをすますことから始めませんか?
お気軽に、まずは体験セッションからお申込みお待ちしています(^^)

Categories
BLOG コーチングといううつわ

コーチが自身の「安心」を手放すこと

前回の「コーチングといううつわ」では、「戦略」という言葉への苦手意識と今後の付き合い方について書きました。
実は、今回も苦手意識シリーズです。

今回は、私自身のもやもやが残っているやり取りを振り返ることで、コーチが自分自身の「安心」を手放すことの重要性について、考えてみたいと思います。

私のもやもや体験

先日、初めてお話させていただいた方との会話の中で、こんなやり取りがありました。

(相手の方)「ほそかわさんも、周りの人たちの自己実現をサポートしたいという思いでコーチングをされているんですか?」

(ほそかわ)「うーん………、もちろん自己実現は大事だと思うんですけど、私は、相手の可能性を一緒に見つけることをやりたくて、コーチングをしている気がします。」

このやり取りに関して、私の中にはもやっとした思いが残っています。

別に、この会話が問題で、後から何かトラブルが起きたってわけじゃないんです。
むしろ、何も起きないようにしていることが良くないなって、反省しているんですね。

もやもやポイントは、「うーん………」と考えていた時に、自分の中で何が起きていたことにあります。

問いかけられた時の私の頭の中を振り返ってみると
実は、「自己実現!?え?何それ?ジコジツゲンをサポートしたい???私が?そうなの?」と、
ちょっとした混乱状態だったのです。

正直な話、私「自己実現」という言葉、いまいちよくわからなくて、ちょっと苦手なのです(-_-;)
漢字の見た目もカクカクしてるし、音の響きも詰まり過ぎてません?
ギラギラしたYouTubeのサムネイルに鎮座していそうなイメージ…(これは偏見)

その、ちょっと苦手意識のある「自己実現」をサポートしたいという思いについて、共感を求められたわけですね。
「ほそかわさんも」とおっしゃっているように、相手の方は、自己実現をサポートするためにコーチングをやりたいという思いをお持ちの方だったのです。

改めて落ち着いて考えてみると、相手の方に確認すればよかったなーと思うんです。
「あなたの言う『自己実現』って、どういうことなんですか?」と。
質問に質問で返すことに抵抗があれば、「大事なことだと思うので、ちゃんと理解して答えたいので確認したいんですけど」と前置きしてもいいかもしれません。
私は、今ここで話されている「自己実現」がどういう意味なのかがわかっていないのだから、まずその点を確認してから考えて答える。
誠実な対応だと思います。
それに、その方にとって「自己実現」とは何か?という話を聞くことができたら、きっとその中に心から共感できるポイントがあると思うんですよね。
使っている言葉が違っても、根っこにある想いには通じるものがあるはずです。
そういうポイントを見つけたら、心からの共感を伝える。
それがいいな、と、今は思います。

でも、実際にその時にした対応は、「自己実現」についてはよくわからないまま尊重の姿勢は見せておいて、一方で自分に嘘は付きたくないから自分の言葉で答えている。
同じものを見ていないというか、少し平行線というか、相手は「そうなんですね」と答えるしかない雰囲気というか、そんな印象があります。
限られた時間の中でつつがなくこの場を収めて会話を進めたがったり、とりあえずの共感を示していい印象を与えたがったり、ひょっとするとわかったふりをしてちょっとカッコつけたがったりしていたのかなーと思います。
相手の影響を受けないように、閉じている姿勢とも言えますね。
気付かぬうちに、私は自分にとっての「安心」を選んでいたのかもしれないなと思います。

「安心」とは何か

コミュニケーションにおける「安心」について考える時、私は社会心理学者の山岸俊男先生の定義を参考にしています。
山岸先生自身もたくさん本を出されてますが、この記事では「手の倫理」「ポストコロナの生命哲学」での伊藤亜紗先生による引用・解説をもとにして書いています。

山岸先生は、社会的不確実性(相手が自分の思いとは違う行動をする可能性や、相手が自分に対してひどい行動を取る可能性があること)を軸に、「安心」とは「そもそもそのような社会的不確実性が存在していないと感じること」と定義しています。
「安心」を得ようとすると、社会的不確実性を生む要素を減らそうとする方向に進みます。
つまり、状況をコントロールすることで、自分にとってのリスクを排除しようとします。

私が、自分にとっての「安心」を選んだと思ったのは、あの会話での自分のふるまいが、自分の想定の範囲内で収まるように状況をコントロールしようとした結果のものだと感じているからです。
「自己実現」という自分にとってよくわからないワードを避けて、会話の流れを自分の手の負えそうな範囲に収めようとしたわけですね。

さらに、山岸先生は、「安心」と対になるものとして「信頼」を挙げています。

「信頼」とは、「社会的不確実性が存在しているにもかかわらず、相手の(自分に対する感情までも含めた意味での)人間性ゆえに、相手が自分に対してひどい行動はとらないだろうと考えること」です。
相手はどういう行動を取るかわからないけれど、大丈夫だろうという方向に賭けること。
それが「信頼」です。
そして、「安心」を求めれば求めるほど相手をコントロールすることになり、その結果「信頼」は失われていきます。

信頼と安全を育む

ICFによるコーチングのコア・コンピテンシーにも、「信頼」は重要な要素として出てきます。
そして、ここで「信頼」は、「安心」ではなく「安全」とともに扱われています。

コンピテンシー4.信頼と安全を育む

定義:クライアントとパートナー関係を築き、クライアントが自由に話せる安全で支援的な環境を創り出している。
相互に尊重し信頼する関係を維持している。

ICFコア・コンピテンシーモデル更新版

この「安全」は、環境を形容しています。
それは、クライアントが自由に話すことを可能にする環境です。
そんな環境を創り出すことが、コーチの役割のひとつです。
そして、相互に信頼する関係も、安全な環境も、育まれるべきものなのです。

では、そのためにどんなことをすればいいのか?
それも、このコンピテンシー4にヒントがあります。

1.クライアントの自己認識、とりまく環境、体験、価値観、信念を含みうる状況で、クライアントへの理解を深めようとしている。
2.クライアントの自己認識、物の捉え方、流儀、言葉遣いに敬意を示し、クライアントにコーチングを合わせている。

クライアントの使う言葉には、その人の価値観が潜んでいます。
そんな、表面にはまだ見えていないものも含めて、その人自身をもっと知ろうとすること。
さらに、そういったその人自身に敬意を示して、クライアントにコーチングを合わせること。
コーチが自分の流儀を押し通そうとすることは、相手に敬意を示せていないことになるのですね。

それから、

6.クライアントとの信頼を築くことができるように、自分の不完全さも見せるなどして、開放性と透明性を示している。

これですね。
わかったふりをしないこと!わかったつもりにならないこと!
何度でも繰り返し肝に銘じておかなきゃいけないことだと思います。

そして、ここに出てきた「開放性と透明性」、私の2022年のテーマのひとつである<ひらく>とも繋がってきます。
コーチ自身が開いていないと、クライアントとの信頼を築くことができないわけです。
じゃあ、コーチが<ひらく>とはどういうことか。
それこそ、クライアント自身を、コーチングを、そして自分自身を信頼することだろうなと思います。
何が起きるかわからないけれど大丈夫だろうという姿勢で臨むことです。
そのためにどうすればいいのか、何が必要なのかは、まだまだ探求が必要なところではありますが、少なくとも自身の「安心」を求めていてはダメみたいですね。
コーチが「安心」な場所に留まろうとしていては、そこは成長のための場所にはならないはずです。

「安心」から「信頼」へ

今回は、コーチが自身の「安心」を手放すことの重要性について書いてきました。
「安心」を手放すことは、相手や状況をコントロールしようしないことであり、相手のその人自身を知り、「信頼」を築くことに繋がっていきます。

念の為申し添えておくと、私はいつでも何でも「安心」じゃなくて「信頼」が大事!ってことじゃないと思っています。
「安心」が求められるシーン、より良く機能するシーンは、世の中に数多く存在しています。
社会的不確実性を排除して物事を前に進めるって、社会活動の中では結構求められるし、必要なことだと思うんです。
世の中から「安心」が全て消えてしまったら、それはカオスで、社会を維持することができなくなってしまいます。

ただ、コーチングや、そこから新たなお互いの「学習と成長」が生まれるような創造的な関係性を築きたいと思ったら、「信頼」を避けて通れないのは間違いありません。
でも、少なくとも私は、あまりに「安心」に物事を進めることに慣れすぎてしまって、それが癖になっているような気がしています。
だからこそ、実は「信頼」するってなかなか難しいことだよねと、私は日々コーチングを実践しながら思っているのです。

こんなエピソードをご紹介しましたが、みみをすますラボでは「自己実現」のためにコーチングを利用したい方も大歓迎です(^^)
そんな方には「あなたの言う『自己実現』ってどういうことですか?」と質問させていただきます!
あなた自身のことを聴かせてください(^^)


お気軽に、まずは体験セッションからお申込みお待ちしています!

Categories
BLOG コーチングといううつわ

コーチング「戦略」との付き合い方

コーチングをしていると、しばしばコーチングの「戦略」という言葉に出会います。

私は、この「戦略」という言葉、ちょっと苦手です。
硬いというか、強いというか、なんとなく身構えちゃいますね。

苦手意識の心当たりはふたつ。

コーチングを学び始めた時、一番最初に学んだのは「聴くこと」。傾聴でした。
これが基本で、最重要。
そして、普段の自分は、いかに相手の話を聴いていないのか思い知りました。
相手の話を耳に入れながらも、
「次に自分は何を話そう」「私だったらこうするけどな」「この後の予定なんだっけ?」
まあ、色々なことを考えている。
だから、「戦略」なんてあれこれ考えてたら、聴くことができなくなっちゃうんじゃない?という恐れがひとつ。

もうひとつは、私が直感と適応性で進んでいくタイプであること。
先々を見据えるよりも、流れに身を任せ、その瞬間瞬間に対応するのが好きです。
「戦略」という言葉からイメージする、複雑なシミュレーションを重ねて最適な判断をするようなアプローチは苦手。
苦手なことをやろうとすると、そのことに一生懸命になってしまって、ますます聴けない。

そういう苦手意識から、「戦略」にはできるだけ近付かずに過ごしてきました。

ところが、先日、またこのコーチング「戦略」という言葉に出会いました。

コーチングの資格の申請書類のひとつで、提出する審査用セッションのコーチング「戦略」について書け、とのこと。
うーん、正直、「戦略」と申されましても…という感じなんだけど、審査用の大事な資料だから適当なことは書けないし、参ったな。
それに、これから先ずっとこのコーチング「戦略」って言葉はついて回るだろうから、このあたりで付き合い方を考えるのも良いかもしれない。
そう思って、私のメンターコーチ(コーチング力向上のためのコーチ)に相談しました。

私のメンターコーチは経験豊富なMCCの方ですが、実はその方も「戦略」って言葉は好きではないそうです。
やっぱりそういう方、一定数いるみたいですね。

でも、その方が言ってくださったことは、
コーチング「戦略」を問われた時に聞かれているのは、「どのような意図を持ってコーチングしているのか?」ということだ、ということ。
つまり、方向性や姿勢のようなものだと捉えて構わないということです。

コーチがクライアントと関わる時、瞬間瞬間で、様々な関わり方の選択をしています。
戦略とは、その様々な選択の意図や方向性であり、どのようなことを思い、そのような関わり方を選択したのか、ということなのです。
クライアントの個性や状態、テーマや求めているゴール、今この時のクライアントに個別対応するために、コーチは関わり方を選択しているはずなのです。

そうか、たしかにそうであるはずだ。私もそういうことをしているはずだ。
私はそう思いました。

でも、改めて「では、このセッションのコーチング戦略は?」と聞かれると、どうもよくわからないなーというのが正直なところなのです。
どの局面でも、選択肢は色々あったはず。
でも、その色々なカードの中から、私は一瞬でシュッと直感的に選んでいる。
だから、その一瞬に起きた意図がどういうものなのは、自分ではよくわかっていない。

そんな感じなのです。

私が正直にそう伝えると、メンターコーチは言いました。
選ぶのは直感で構わない。
ただ、どのような選択肢から、どういう意図でそれを選んだのか、後付でいいから言語化できることが大切だ、と。

そう、選択するその時は、無理なく自分らしく、自分の強みを最大限に発揮できるように振る舞えばいいのです。
そうすることが、クライアントへの貢献につながるはず。
自分が今感じとっている流れを信じて、直感に従えば良いのです。

必要なのは、振り返って観察し、言語化していくこと。
将棋の感想戦みたいなものだって言ってました。
直感による選択の結果、何が起きたのか、それによってゴールにはどう影響したのか。
それを言語化できれば、なんとなくの方向性や期待していた展開という形で、実は意図=戦略が存在していたことがわかってきます。
そのプロセスでは、取らなかった選択肢、見えていなかった可能性にはどんなものがあったのか、そんなことも検討できます。

資格申請準備の一環で、このコーチング戦略の他に、セッションログの作成をしました。
セッションで交わされたやり取りを、一言一句文字に起こします。
文字になったやり取りを少し俯瞰して眺めてみると、たしかにこの時は複数のカードから選択をしているし、その時にはこういう意図が存在していたんだな、ということが見えてきました。
他のセッションと比べてみると、話し方や相槌の打ち方、話すペースが違うし、関わり方やセッションの進め方も全然違う。
意識できていなかったけれど、ちゃんとその時のクライアントに合わせた選択をしていました。
こういう振り返って言語化していくことは、取り組まないとできるようにならない、トレーニングなんだなと思います。
そして、言語化によって客観的に見えるようになると、自身の可能性を広げるために、何に取り組むことができるのかを考えられるようになります。

これは、コーチング力向上に限った話ではないですね。
「体験を振り返って学習することが大切」という、極めてコーチング的な話ではあるのですが、振り返らずにやりっ放しにたり、新しいインプットばかり求めたりしていたかもなぁと、改めて反省しました。

止まって、観て、気づく。
そういうところに、いつも戻ってきます。

私が、コーチング「戦略」との付き合い方として、改めて決めたこと3つ。

まず、自分の持っている選択肢を増やすこと。
そのために、振り返りを通して、セッションで起きていることを言語化していくこと。
色々なコーチのセッション、色々な人とのセッションが選択肢を広げるチャンス。
うまくいかない時、合わない人、試行錯誤した時こそ、その経験から学習すること。

それから、直感の働きやすい状態にすること。
直感は大事。
だから、直感を妨げるものがない、ピンと来やすい自分であること。
そのために、自身を整えること。

そして、直感を作っているものを豊かにしていくこと。
その人の直感とは、何でできているのか?
きっとそれは、その人といううつわに堆積したものでできているのだと思います。
堆積したものとは、知識や経験、スキルはもちろんのこと、受け継いでいる資質や動物としての勘も、あの時誰かが話していたことやこれまで見てきた景色、触れてきたもの、そういうものです。
そういうものに後押しされて、直感は働くのではないかと思います。
でも、それは何でもいいわけじゃないと思います。
血肉の通った体験とでも言いましょうか。
きっとこの話も、何かの記事で読んだぐらいじゃ堆積されないかもしれません。実際に書いたり話したり体験したりしないと。
でも、何かの拍子にハッと深く刻まれることもあるかもしれません。
私は、私のうつわには、できるだけ自分が素晴らしいと思えるもの、価値があると思えるもの、美しいと思えるものを堆積していきたいなと思っています。
そのために何ができるのか、考えていかなきゃいけないなと思っています。

コーチングとは長い付き合いにしていきたいと思っているので、これからも、そういうことを愚直に取り組んでまいります。

Categories
BLOG コーチングといううつわ

コーチングと私のうつわ

コーチングのことを書こうと思った時、ふと「うつわだな」と思ったのです。

うつわ、器。どうして?

ひとつには、「コーチングは使ってなんぼ」みたいな意識があるのかもしれません。
もちろん、飾っておきたいきれいなお皿なんかもあると思います。
でも、コーチングは、是非ガシガシと使ってほしいうつわだなという気がします。

ICF(国際コーチング連盟)によると、

コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くこと

とされています。
つまり、コーチングとはパートナー関係を築くことなんです。
その関係性のうえに、クライアントの可能性をひらくプロセスが生まれるんですね。
そういうことも、うつわのイメージに繋がっているように思います。

このコーチングの定義を読んでいると、わかるようなわからないような、そんな気持ちになります。
目的として「クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように」って書かれてますけど、逆に人生においてこのことと全く無関係なことって何だろう?と思ってしまいます。
そう、コーチングって、すごーく色々なことに使えるものなんです。うつわが大きい。
使えるというのは、もちろん日々の仕事や暮らし、人間関係にも役立てるし、物事を考える時の考え方の土台にもなります。
それから、結構細分化されてて○○コーチングみたいなジャンルになってたりしますね。
用途に応じて器を選ぶように、そういうものも使い分けると良いかもしれません。

もうひとつの理由に、最近読んだ「『利他』とは何か」という本の影響もあるかもしれません。
その本では、利他をめぐって共通する人間観として「うつわになること」を挙げています。
信頼によってスペースをつくること。自己が行為の場所となることで生成変化が起きること。個人の意思を超えたものに促されること。
まだよくわからなくてうまく言葉にできませんが、
その「うつわ」的人間観は、私の中のコーチ観ととても近いのです。

さて、こうなると、今の私のコーチングはどんなうつわなのかが気になるところです。

アイキャッチ画像(このブログの上部の画像)を作るにあたって、うつわの写真素材を色々物色してたんですね。
そして、たくさんあるうつわたちの中で、「あ、これがいいな」と選んだのがこちらです。

これは、やちむん(沖縄の焼物)のお皿です。ぼってりと厚みのある作りと、鮮やかな絵柄が特徴です。
「あ、これ欲しい。これ使いたい」って思ったんです。
今の私の等身大の暮らしの中で、あったら嬉しいお皿だなと思いました。

有名作家の一点物ではないけれど、顔の見える窯でひとつひとつ丁寧に作られたお皿です。
おおらかで、日常の中で使いやすく、その器があることで、その人が生きている日々の暮らしが、楽しく、美味しく、美しく、彩られます。
日々、そのお皿を使って食べたものが、その人の身体を作っていきます。

そんなお皿だったらいいなと思いました。
実際のところはどうなんだろう?
是非、私のコーチングを体験してみて、教えていただけると嬉しいです(^^)